DVDプレスとCDプレスの東京ディスクセンター株式会社 〒101-0041 千代田区神田須田町2-7-1 TEL 03-3355-6788 
トップページオーサリングのことが詳しくわかりますよ!!>オーサリングの手順

★オーサリングの手順
図をご覧ください。企画して、撮影して、編集する....黄色の部分、ここまでは、単純な映像制作と同じです。
この後の
部分オーサリングです。この流れを理解すると制作進行がスムーズですし、最初の企画、編集のフィニッシュに役立ちます。



オーサリング用
タイムシートの作成
内蔵する映像ファイルごとに、チャプターポイントのタイムを八桁で正確に算出し、表を作ってください。動作のフローチャートも作ってみましょう。
これを元にエンコードしたり、メニューのボタンを作成したり、エンコードのビットレートを計算します。
メニュー作成 静止画メニューや動画メニューのボタン部分(反応エリア)を作り、DVD用に変換します。
エンコード 映像・音声信号をDVDの信号(Mpeg2/PCM/Dolby Digital等)に変換して、個々のプログラムしやすいストリームを作ります。動画メニューや音楽付き静止画メニューも同様にエンコードします。
プログラム メニューなどから各ストリームへの動きをプログラムします。
動作検証 実際にDVD-Rを作成してみて、いろいろなタイプのプレーヤーで動作チェックをします。
DLTテープの作成 プレスディスクを作るためには、DLTテープにオーサリングの結果を書き込みます。
これがプレス工場ではマスターになり、世界中の工場で互換性を持ちます。
次のページに進むオーサリングのメインページへ戻る前のページに戻る